アクトシン軟膏の切れ痔の治療にはベビー綿棒が超おすすめ

やったー!良いもの見つけちゃいました。私の救世主になるかもしれない。

これ!ベビー綿棒です。

なんだ、綿棒って。いやいやこれ大事なんですよ。

アクトシン軟膏を朝晩綿棒でつけるのにこれまで苦労していたのです。

お恥ずかしい話ですが患者にとっては深刻です。この綿棒に薬を塗って挿入するのですがこれが難しい。

同じ悩みの方いませんか?

なかなか入らないし、時にはなかなか出せなくなるのです。こんな細いものですが、どうしてかな。つい力が入ってしまうのです。深呼吸しようがどうしようが先が引っかかってしまう感じ。何とかお薬をつけていてもこの綿棒で皮膚が擦れて余計に傷をつけているような気がする。

あー、憂鬱。

昨日綿棒を使い切ったので買い足しに行ったのですが、ふと横を見るとベビー綿棒なるものをみつけたのです。

これ、いいです!

スッと入ってスッと出せる。嬉しいー!!

本当に嬉しい。

同じくアクトシン軟膏を使っているみなさん、ベビー綿棒ですよ。今度、診察で先生にも報告しよう。

今まではお薬がちゃんと入っているかどうか分からなかったし、痛くなったりするので結局、憂鬱で継続出来ていなかったのです。でもこれならストレス少なく続けられそう。

アクトシン軟膏とはそもそも褥瘡対策のお薬です。褥瘡とは寝たきりでベッドで皮膚が擦れて爛れてしまうことです。皮膚を上皮化させるお薬なので、きっと続けていると良くなるはず。

今の私は、少し切れる→力入れる→また切れる→少し治るも、皮膚強くなる暇がない→切れるのループです。この悪循環を断ち切りたい。

この綿棒は100均で買いました。31本入り。従来のは300本入りだったから価格は10倍。2週間で100円。これで治るならいい。

帰りにあと5袋くらい買い足しておこうと思います。

昨夜も今朝もボラザとアクトシン使ってきました。頑張ります。

では、また。