お通じの時の余計な力を抜くトレーニング

今朝も快腸、絶好調でした。まだチクリとした痛みはありますけどね。でもお通じ後の出血はほんの少しマシになってきました。

今朝「なんらかの生活習慣が影響しているのでしょう」という先生のセリフを思い出していました。ずっと気になっていて、ふと思い出したのが、お通じの時に力を入れてしまう癖。

リラックスして深呼吸

特に出口付近にキューッと力を入れてしまうのですよ。なんでかと言うとそのまま力むと切れてしまうような気がするからです。

でも多分これが逆効果。最近思うようになってきました。なのでお通じの時はフーッと深呼吸して緩めるようにしています。これがなかなか難しいんですけどねー。診察の時も言われるセリフ「はい、深呼吸して楽にしてー」。

アクトシンで普通の綿棒入れて出す時にも引っかかる事がありました。緩めるって意外と難しいですよね。

そういえば、以前受診したBレディースクリニックではお風呂で指を入れて緩めるトレーニングを少しずつしてみてと言われたことがあります。今の私にはとても無理。

緩めるって大事です。ただでさえ弱くなっている皮膚のところにグーと力を入れたら部分的にかかる圧は大変なものですから。

とにかく必要以上に力まないように気を付けましょう。

お通じの前に一回しゃがむ

切れ痔の方は痛みが怖くて、お尻にキュッと力を入れてすぼめてしまいがちです。すると傷口が余計に圧迫されてさらに切れやすくなります。洋式トイレだとこれが顕著です。

和式トイレを使っていて気がついたのです。こっちの方が楽だなーって。洋式トイレの方はできるだけ、お通じの前にしゃがんでからお手洗いに行ってみましょう。ほんの少しの時間で大丈夫です。私の場合は30秒〜1分ぐらい。これだけでかなり違いますよ。ぜひ試してみてください。